BlenderでBezierパスのMesh法線が反転できないとき

Bebelと組み合わせることで、Bezierのパスから厚みのあるObjectを作成できます。

しかし Mesh法線が反対になっていることがあります。

 



法線は ViewPortOverray / Geometory / Face Orientation で確認できます。

通常Objectであれば、EditMode でMesh>Normals>Filpで反転して修正することができます。

ですが BezierのパスにはMeshがないためかMeshのメニューが表示されず反転操作ができません。

 

解決策ですが、厚みを作っているBebelに指定したBezierObjectの回転方向を逆にします。

(Bezierを構成する点に番号が振ってあるとして、それを逆にするイメージ。)

スクリーンショットを拡大すると、上部にベジエがあるのがわかると思います。

最初の

最初の画像と次の画像で選択しているのは同じ点で、位置を画像のように移動することで、法線の向きが解消されています。

(ただし中心位置から形状がずれたので、下のパスObjectの形・位置も少し変わっている。)

0 件のコメント:

コメントを投稿

ドラッグ可能なHTMLダイアログ(pure javascript)

 ファイルを開くダイアログならともかく、Itemの回転ダイアログなどは画面に被っていると、編集対象が隠れてダイアログ操作しずらくなってしまいます。 そこでモーダルダイアログ をドラッグで移動できるようにする必要があります。 HTMLのダイアログの場合、ドラッグ可能にするにはJSが...