接写リング買いました


マクロレンズ2万円〜に対して、接写リング1000円〜、だったので試しました。(私が買ったのは3000円くらい)





撮影したのは3Dプリンタの出力物。サイズは2cmちょっとです。





比較として、接写リング無しだとこんな感じです。







eletctronでコマンドライン引数を受け取る (とmacosxの注意点)

eletctronでコマンドライン引数を受け取る場合に、macosx固有の注意点として"-psn_0_xxxxxx"のような引数に対処する必要がある。

daisy-sequenceをデバッグしていて発見。



# よく紹介されるelectronでの引数の受け取り方法

electronで引数にファイルを受け取る時、以下の対応が必要となる。

## electronはデバッグとリリースでコマンドライン引数の数が異なる

デバッグではElectron実行ファイルのパスだけでなく、アプリのmainを入れたjsのパスも引数として渡される。
```
let argv = remote.process.argv;

     if(argv[0].endsWith('lectron')){
        argv.shift();
    }

```
ここで'lectron'とendsWithでマッチしているのは、プラットフォームにより'Electron'/'electron'で先頭大文字小文字の2パターンがあるため。

## electronは OSXでは'open-file' イベントを受ける


electronアプリにGUI上からファイルを渡して開く時、(ファイルをドロップして開く等)macosxではwin/linuxのように通常引数では受け取れないため、以下のコールバックで受け取る。

``` : electronベース(nodeプロセス側)でコールバック受け取り
// MacOSX
global.sharedObject = {'osx_open_file': null};
let openFileHandler = function(event, path) {
    event.preventDefault();
    global.sharedObject.osx_open_file = path;
};
app.on('open-file', openFileHandler);

```
```: electronアプリ(レンダラプロセス側)で上で保存した値を受け取り
     if(typeof remote.getGlobal('sharedObject').osx_open_file === 'string'){
        if(null === arg.open_filepath){
            arg.open_filepath = remote.getGlobal('sharedObject').osx_open_file;
        }
    }

```

# macosxのelectronで引数から"-psn_0_xxxxxx"を取り除く

macosxでリリースしたアプリをダウンロードして起動すると、初回起動時に、
"-psn_0_xxxxxx"のような引数を受け取る場合がある。





これを適切に取り除く必要がある。
```
         if(/^-psn_0_[0-9]+$/.test(arg.open_filepath)){
            // macosxでブラウザからダウンロードしたバイナリを初回起動した際に、
            // 渡される場合のあるコマンドライン引数(ex. '-psn_0_2958034')を除外する。
            console.debug("through for macosx:", arg.open_filepath);
            return true;
        }

```

ただし、初回起動時から引数でさらにファイルパスを渡された場合に、うまく行かないかもしれない。(その場合の引数の順序などの動作は確認していない。)

不明な引数について今回の話に近い報告がされているissue
https://github.com/electron/electron/issues/4403

## テスト方法

なお、macosxでテストする際、「ネットワークからダウンロードしたファイル」のフラグをONにする必要がある。
これには実行ファイル(の配布zip)をchrome にドロップすると良い。ドロップしたファイルがダウンロード扱いされる。

接写リング買いました

マクロレンズ2万円〜に対して、接写リング1000円〜、だったので試しました。(私が買ったのは3000円くらい) 撮影したのは3Dプリンタの出力物。サイズは2cmちょっとです。 比較として、接写リング無しだとこんな感じです。