Blenderの Apply Modifier ボタン/Apply All Modifierメニュー がなくなった( blender 2.93.5 )

 手元の2.93.5で、Blenderから"Apply Modifier"ボタンが無くなっていました。
同じく手元にある中では、2.90.1では存在しているので、最近(?)なくなったようです。



https://blender.stackexchange.com/questions/17733/apply-modifiers-button-not-appearing
https://www.reddit.com/r/blenderhelp/comments/iob46k/blender_29_modifiers_have_no_apply_button/

メニューから複数Objectの全ModifierをまとめてApplyできる "Apply All Modifier" もなくなっているようです。
(メニューの Object > Apply > Apply All Modifier )



3Dプリントデータを作るために、Apply All Modifier を便利遣いしていたので無くなると困ります。
ModifierにはSTLファイルに書き出した形状データに反映されない効果もあるため、3Dプリンタ用に書き出すにはModifierをApplyでObject形状に変換しておく必要があるからです。
(より正確には、Booleanで穴をあけている場合に必要な処置。
STLエクスポートを使うと、Boolean Modifierで穴あけするための非表示の穴Objectも3Dプリント出力されてしまう。
そのため事前に削除しておく必要があるが、穴Objectがなくなると穴もなくなるので、事前にApply Modifierが必要。)


## Apply Modifierする他の方法:
ModifierのApply自体はできるのですが、Object、Modifierそれぞれ1つずつ適用する方法ばかりで、一括でまとめてApplyする方法は見つかりませんでした。

**Modifierの右上にあるドロップダウンから**
これまでもあったもの。
画面右のModifier一覧の対象Modifierを1つずつApplyする。

**Modifierの上にマウスカーソルを置いてCtrl+A**
文字通り画面右のModifier一覧の対象Modifierから1つ選んでApplyする。


URL先に書いてある「ALT+C」ショートカットは機能しなかったのですが、右クリックから同じ機能と思われるメニューを開いて操作することができました。

https://blender.stackexchange.com/questions/3488/is-it-possible-to-apply-modifiers-to-multiple-objects-at-once




## 備考

(single usedなど適用してから)Aで全選択 -> Object > Apply > Apply All Modifier としていたのですが、
もしかしてバグ動作だったのだろうか。


BlenderでBezierパスのMesh法線が反転できないとき

Bebelと組み合わせることで、Bezierのパスから厚みのあるObjectを作成できます。

しかし Mesh法線が反対になっていることがあります。

 



法線は ViewPortOverray / Geometory / Face Orientation で確認できます。

通常Objectであれば、EditMode でMesh>Normals>Filpで反転して修正することができます。

ですが BezierのパスにはMeshがないためかMeshのメニューが表示されず反転操作ができません。

 

解決策ですが、厚みを作っているBebelに指定したBezierObjectの回転方向を逆にします。

(Bezierを構成する点に番号が振ってあるとして、それを逆にするイメージ。)

スクリーンショットを拡大すると、上部にベジエがあるのがわかると思います。

最初の

最初の画像と次の画像で選択しているのは同じ点で、位置を画像のように移動することで、法線の向きが解消されています。

(ただし中心位置から形状がずれたので、下のパスObjectの形・位置も少し変わっている。)

漢数字文字列のもう一歩実用的な数値変換 - その2

 前のブログ記事では、数字をあらわす漢数字と大字の文字列について、あつかうための前処理とパタン、また変換のさいに考慮しなければならない細則について書きました。
ここから実際に文字列から数値へ変換をおこなっていきます。



実装はJavaScriptで行いました。
これはWebExtensionsによるブラウザ拡張がJavaScriptだからです。

daisy WarekiConv 和暦を西暦へ自動変換するFireFoxアドオン

daisy WarekiConv 和暦を西暦へ自動変換するChromeアドオン


JavaScriptにない機能を実装していくことになります。
つまり、parseInt()の漢数字版のようなものを、自分で実装することになります。

つまり、こういうことになります。
- 文字列中にある漢数字による桁と数を、それぞれ数値と桁のべき指数に変換する。
- それを順に足し合わせるなどして、文字列全体が表す数を得る。
- なお、漢数字文字列の桁のありなしを判定して処理をわける。


## 桁ごとの桁文字、数字文字の変換
'百'、'千'といった桁の文字、'壱'、'九'といった数字の文字を、それぞれ桁や数に変換します。

漢数字による数字文字の変換は、とうぜんJavaScriptの言語機能にはないので実装しています。

なお今回のプロジェクトでは、
- 数字文字の変換は cKanSuuzi2Int()
- 桁文字の変換は cKanSuuziKeta2Int()
で行っています。


// 漢数字(桁漢字なし)
```
function cKanSuuzi2Int(cKanSuuzi)
{
    const res0 = kanSuuziNumChars.indexOf(cKanSuuzi);
    if(-1 !== res0){
        return res0;
    }
    const res1 = daiziNumChars.indexOf(cKanSuuzi);
    if(-1 !== res1){
        return res1;
    }
    const res2 = daiziNumOtherCharPairs[cKanSuuzi];
    if(undefined !== res2){
        return res2;
    }
    const res3 = kanSuuziOtherCharPairs[cKanSuuzi];
    if(undefined !== res3){
        return res3;
    }
    return -1;
}

```

番号に並べてindexOfで返ってきた値をそのまま使う、というのがC言語ネイティブの書いたC的コードという感じがします。
(意味としては違うが数字は合っている。)

桁の変換も同じです。
桁の場合は、10のべき乗ということで、べき指数を返させています。
たとえば’千’の場合は3を返させて、使う側は10の3乗をして1000を得る、といったやり方をしています。
(JavaScriptでは`10 ** 3`という記法でべき乗計算できる。)


## 漢数字文字列を実際に数値へ変換する
『桁の有無』はこれにより数値への変換ロジックを切り替える必要があり、重要です。
判定方法としては、これもまた単純に、桁の文字を変数にあつめておいて正規表現で検出です。
ひとつでも桁を表す文字が含まれていれば桁有り、そうでなければ桁なしです。

『漢数字』『大字』は同じ数字表記のなかで混交しない雰囲気なのですが、分けておかなくても困らないのでチェックはせず、そのまま混在で判定しています。


### 桁なし漢数字文字列の変換
単純に、頭から1文字ずつ数値変換しながら10をかけて桁上がりさせていくだけです。
途中にゼロが入っていたりしても、専用の分岐処理がいりません。

コードも必要ないけれど全文引用してしまうくらい短いです。
```
function convKanSuuziStr2Int(sKanSuuzi)
{
    let val = 0;
    for(let i = 0; i < sKanSuuzi.length; i++){
        const num = cKanSuuzi2Int(sKanSuuzi[i]);
        if(-1 === num){
            // 変換を打ち切って結果を返す
            return val;
        }
        val *= 10;
        val += num
    }
    return val;
}

```
変換の打ち切りのところは、アドオンの実装上で末尾に『年』の文字がついた文字列が渡されてくることがあるのをナアナアで処理しているものです。
今回の用途では不正な文字列が入ってくることはないのですが、汎用をにらむと漢数字以外が混ざっていたら不正と判定するように変えるべき箇所ではあります。

後ろから処理していく方法でもよく、桁が最初から自明という利点もあるのですが、今回は頭から処理で実装しました。
こういうところの判断になんというべきか、今回のコードはJavaScriptで書いていますが全体的にCライクな空気があります。


### 桁あり漢数字文字列の変換
桁ありの場合、文字列の中に『数桁数...』と並んでいることになります。
前述のとおり数が1のときに『桁数桁』から数が省略されて『桁桁』になる場合もあります。

今回の実装は以下のようにしました。
頭から処理して『数』であれば数値に変換して変数にしまう。
桁であればべき指数Nに変換してから、10のN乗で値に展開します。
(’千’の場合は桁であるNは3、10の3乗で1000が得られる)
変数から数をとりだしてかけ合わせれば、その桁の値ができあがるので、結果をしまう変数に足しこみます。
これを漢数字文字列の最後まで行い、すべての桁を足し合わせることで数値変換を実現しています。

ここで主要なトリックは、数の変数を用意しておきあらかじめ1を入れておくことです。
桁桁と続いたときに、省略された1がそのまま存在するので、専用の分岐処理がいりません。
数の変数は、取り出して使ったら1に戻しておきます。


### 細則の、'20'を表す文字などについて
"参廿"で3*20=60、"廿十"で20*10=200とかやられる心配はしなくてよさそうなので、そのまま加算しています。


----
## おわり

というわけで、以上のことを考慮し、複数の記法に対応しているという意味で、いくらか現実世界に対応できるであろう変換機能を書いた次第です。

>『しかし輝く宝石の完璧さは、私たちがMozillaを書いたときの目的ではなかった』
「ストラテジーレターIV: ブロートウェアと80/20の神話(ジョエル・スポルスキ / 翻訳: 青木靖)」より

というやつかなと思いながらコードを書いていました。まあこの程度の内容はまったく複雑とは言わないわけではありますが。

今回、とりあえず不要として不正な文字列の検出を適当にしています。
年号を書き間違えているときにできることは大してないので、とりあえずいいだろうとしたのですが。
そのうち機会があればきちんとするかもしれません。

漢数字文字列のもう一歩実用的な数値変換 - その1

ブラウザアドオンを開発した際に、漢数字の文字列から数値への変換を実装しました。
せっかくなので何をしたのか、必要な知識などをまとめた次第です。



この漢数字変換を使っているのは、 daisy WarekiConv という和暦を西暦に変換表示してくれるブラウザアドオンです。

(Chromeにも対応。)
昭和や皇紀といった和暦で表記された年号を、頭で計算しなくても西暦に自動計算して表示してくれます。
このとき、和暦は年が漢数字で表記されていることが多かったため、漢数字文字列の変換が必要になった次第です。


なおソースコードをgithubのWarekiConvプロジェクトページにて公開しています。

(`kanNum.js`というファイルが漢数字変換なのですが、名前を変えるかもしれないので直リンクはしていません。)

## 前段の処理 / 文字列から漢数字列の抽出

実際に変換を行うまえに、まず必要な前処理から。
現実では解説などの文字列のなかに対象が埋まっており、漢数字部分だけ綺麗に存在するわけではないので抽出が必要です。

方法としてはあまりに単純、すべての漢数字文字を変数にあつめておき、これで作った正規表現でマッチをかけます。

```
const rsRekiStrNum = `元年|\\d+年?|[${wideNumAllChars}]+年?`;
```

## 漢数字文字列のいくつかのパタン


全角数字は
`1024`
くらいしかパタンがないのですが、漢数字はいくつかのパタンがあり、ちょっとした細則も持っています。

漢数字の場合は、以下のパタンが考えられます。
`一〇二四`
`千二十四`
`壱阡弐拾四`
`壱阡廿四`

大きなパタン分類として『桁の有無』、桁を書く場合と書かない場合があります。
-- 桁を書く場合、数がゼロの桁は桁の文字を省略する。
-- 桁を書かない場合、数がゼロの桁は`〇`。

さらに、以下のようないくつかの細則があり、またバリエーションが生まれます。
- 桁の数字が`1`のとき、文字を省略する場合としない場合がある。
- 『漢数字』と『大字』2種類の文字がある。
(この説明では、記述により多くの場合は両方まとめて漢数字と呼びながら書いています。)
- 『漢数字』『大字』では、同じ数字を表す文字が1つではない場合がある。
- 桁と数が一緒になっている文字もある(例:'卄'が20を表すなど)。

桁の数字が`1`のときというのは、たとえば1000の場合、
`千`
`壱阡`
のどちらでもかまわないということです。

漢数字、大字はそれぞれ
'〇一二三四五六七八九'
'零壱弐参肆伍陸漆捌玖'
というやつです。

同じ数字をあらわす文字として、たとえば以下はすべて『2』です。
'二弐弌貳貮弍'

----


以上、本記事では数字をあらわす漢数字と大字の文字列について、あつかうための前処理とパタン、また変換のさいに考慮しなければならない細則について書きました。
その2では実際に文字列から数値へ変換をおこなっていきます。

局地戦闘機『震電』ゼロベース制作(1/700スケール模型) - その2

 その1ではフルスクラッチで最初の大まかなモデリングと、3Dプリンタでの出力までを行いました。

この記事ではその続き、スジボリなどによるディティール追加と、量産、ついでに色つけについて書く予定です。




## スジボリなどによるディティール追加

最初は脚部のために、画像の通り腹を上に向けて出力していたのですが、スジボリを入れはじめた時にスジボリが綺麗にでるよう腹ばいに変更しました。
そのままの向きでは、スジボリの交点に下端が発生するため主翼の平面上にランナーが生えて、きれいに切り取るのが大変になります。



下付きだと脚にランナーがはえますが、細長いパーツのため、ランナーを外す作業中に折れてしまいます。
実際作業中に何度か折ってしまい、そのつど強度不足ということで脚太さを修正しています。



特に震電は特徴的な後部脚が翼から生えており、
事前に見えづらい箇所に支持枝をデフォルメした補強を入れていたのですが、これもつど厚く大きく変更していきました。

あわせて全体の形状も、当初の実機に近い形状から、どんどんデフォルメを強めています。

 
前脚は直線的なのと、元から根本を太めにしていたためか、先端の細い部分も意外と折れませ
んでした。

とはいえ丈夫であるにこしたことはないので、後脚を太くするたびにこちらも太くしていきます。
(前脚は後脚より細いという実機の関係が保たれていれば、外観としても太さを合わせたほうが見た目がよく思います。)
 

スジボリについて、1/700 ではこれくらいだと全然スジボリが出なくて、かなり強くデフォルメが必要です。



もちろん最初は実機スペックを踏襲してモデリングしていたわけなのですが、強度やら何やら対応していくうちにどんどんデフォルメされていきました。
最終的に全長と全幅しか元スペックが残っていないのでは。
どちらにしろ1/700スケールで実機ママというわけにはいきませんが。
強度の問題もありますが、ヒトがモノを見るときの仕組みとして、モデルが小さすぎるため実機どおりのままのほうが実機と違うものに見えてしまうものなので。




銃口は、先頭部分にあいている銃口の穴も追加しました。このサイズではパット見では肉眼で確認できないのですが、よく見るとあるのがわかりますし、塗装してもいちおう潰れません。



垂直尾翼にもスジボリを入れてあります。
なお試作中に付けられていた尾翼の車輪はいずれなくなるとのことだったので、つけていません。

プロペラについて、量産では4翅プロペラになる予定だったそうなのですが、見慣れているであろう6翅プロペラをデフォルトにしました。
4翅版はモデルのプロペラ部分を置き換えれば簡単に作れます。


露光時間を1.5secに伸ばしたので細かい溝は埋まってしまうかと心配していましたが、最終的には上手くいってよかったです。


## 量産
Blenderではなく、スライサソフト上で増やしました。
CHITUBOXでは、ランナーを生やした状態で、ボタンひとつで増やせるので便利でした。

1つで出力して問題なく造形物が出てきていれば、特に悩むことはなく。



## 色つけ
レジンが白色なので、サンプル画像的にも海軍機らしい色が欲しくて着色を行いました。

『タミヤ エアーモデルスプレー No.21 AS-21 暗緑色2 (日本海軍) 』を数回にわけて吹付け。
細かい色分けは筆が必要だと思います。



海軍機は実際には灰色だという話もあるのですが、そうはいっても緑色のイメージは根深く、また震電は実験機で緑の機体しかないのでまあいいかなという判断です。




しかし艦上に並べるという。しかも戦艦の。水上機でもないのに。
ついでにいうと、震電はB29迎撃を意図した局地戦闘機かつ、プッシャ式のため滑走距離が長い(プロペラ風が翼に当たるのが重要らしい)とのこと。
緑のプッシャ機が甲板上に並んでいる絵はヘンテコの上にヘンテコというわけですが、あくまで実作例なので。


## おわりに
1/700震電モデリングの動機は以降のプロジェクトの前準備だったのですが、いろいろ楽しかったです。
また1/700では表現できることが限られるため、逆に作業工程がすっきりしていて、はじめての航空機模型の制作としては大変ありがたかったです。
(1/700 伊507フルスクラッチ デザインのときは、どこまでやろうか何ができるかと大変悩みました。)

伊507をモデリング&出力したときはもっといろいろやったので(モデルにも震電よりいろいろBlender機能を使ったり)、そのうちまとめて公開できたらなと思っています。

船舶模型メーカの艦載機、1/700なのにディティールすごい。
作ってあらためて、金型による成型の精度のすごさを思い知った感じです。
(主商品である船舶模型のディティールもこれくらい細かく...とか思ってしまいますが。)



3Dプリンタの解像度の限界を思い知りました。といってもこちらは設定の追い込みとかすれば違うのかもしれません。

 

とはいえ思っていたよりもずっとよいものが出来たので、pixiv/BOOTHで「震電 局地戦闘機 1/700 モデル」出力した模型を販売することにしました。



さて今後の予定について。
「震電」の1/144スケールモデル作成、また同じ1/144で「イリス漁業連合 汎用護衛戦闘機『桃音』(設定検証モデル)」を作ろうと考えています。



局地戦闘機『震電』ゼロベース制作(1/700スケール模型) - その1

 局地戦闘機『震電』の1/700スケール模型を作成した際の作業記録です。



無料の3Dモデリング ソフトであるBlenderでデジタル制作して、3Dプリンタで出力しています。

(3Dプリンタで作ってみた系のブログ記事はけっこうありますが、
観測範囲では内容はほとんどがプリンタの精度の話などで、ノウハウについても出力失敗時の硬化時間の工夫くらいで、
出力するためのモデルの作り方とか、実際に作っているときのトライアンドエラーの話はあまりされていないような気がしていたので、
そういう内容をいくらか含んでいます。)

『震電』は第二次世界大戦時に大日本帝国海軍により試作された局地戦闘機で、
前翼型(エンテ型)・推進式(プッシャー式)の、めずらしい形をした高速戦闘機となっています。

試作のみで終戦を迎え、実戦では使用されていません。

今回はこの『震電』を、艦船模型など組み合わせやすい 1/700 スケールで作成しました。

似たようなものには、艦船模型と合わせるための 1/700スケール 戦闘機の、
- ピットロード 1/700 スカイウェーブシリーズ 世界の現用戦闘機セット 
(F-15C, F-15J, タイフーン等)
- 静岡模型教材協同組合 1/700 ウォーターライン 日本艦載機 前期型
(零戦21型、99艦爆、97艦攻、彗星)
などが模型メーカから出ています。

主な仕様:
- 艦船模型と合わせやすい1/700スケール
- 艦船模型と合わせるので脚ありの接地モデルとする
- プロペラあり
- 船体外板のラインを入れて、ある程度ディティールをもたせる
- 3Dプリンタ出力と、塗装などの加工作業、移動や輸送を気軽にできる丈夫さ
- 扱いやすく手間のかからない一体型
(注意:足が折れやすいと思われるので対処が必要)

資料:
「異端の空」(文春文庫/渡辺洋二)
「幻の戦闘機」(光文社NF文庫/碇義郎)
参考:
wikipediaの震電のページ
https://仮想艦隊.jp/cms/blog5.php?itemid=139 の「震電オリジナルの図面」




スケール算出:
制作の前にサイズ感を得ておく。
同規模の競合である零式などはおおむね1円玉の上に乗るサイズであることが作例などからわかっています。

全幅11m の 1/700 = 1.571cm

また震電の実機サイズはあらかじめわかっています。
そこで制作は簡単のため原寸(1/10^nスケール)で行い、出力の段階で1/700スケールに変換することとしました。

変換の際にかける係数:(1/700)*100 = 0.1428571% 142.85


モデリング
まずはサイズのわかっている機体と翼を仮置きします。




震電の翼は翼端20度取り付け15度になっていましたので、翼をそのように作成。
とはいえ模型として作るぶんには外観が合っていれば取り付け角はどうでもよいため、このあとの作業での微調整では取り付け角はいいかげんに扱っています。

給気口、操縦席、各翼を追加していきます。
操縦席は悩みましたが、1/700スケールの必要ディティールと出力可能精度から、一体の塊としました。

ざっくりと足を追加。



ひととおりパーツが揃ったので、ここで出力できるか検証するため最初の3Dプリントをかけます。

今回、3Dプリント出力に使ったのは以下:
3Dプリンタ:Photon Mono SE
スライサAPP:CHITUBOX(for Linux 1.9.0)
レジン:エキマテ(低アレルゲン水洗いレジン)

スライサAPPで、モデルデータを3Dプリンタの出力データに変換します(スライシング)。

前述のとおり、スケール変更はこのスライシングのタイミングで行います。



スライシング作業で難しいのは、パーツ分割・出力角度の決定・自動ランナーの調整です。

スライシングの際、出力物の角度を調整します。
この角度の決定が難しく、(ここは細かい話をするのが大変なのでざっくり書きますが)
- 層出力中に宙に浮かない角度を見つける
- かつ、積層に対して45度以上の垂直な面をめざし、できるだけ水平に近い面を減らす。
- 自動ランナーが良い位置にランナーを生やしてくれる角度を探す。
などがあります。

3Dプリントでは浮いているものはランナーを生やしてつなげる必要がありますが、パーツ位置によりランナーをつけたくない箇所もあったりします。
浮かない角度をつけることが不可能ならパーツ分割です。
水平の面を減らすことについて、ほとんどの出力物は45度角ほどある部分があるため、あちらを立てればこちらが立たず(物理的に角度が寝る)のを、良いようにとりなす角度をを見つけなければなりません。
スライシングソフトの自動ランナーは不完全なので、手作業で補完しなければなりません。
必要な箇所にランナーがつかなかったり、不要な箇所・切り取りづらい箇所にランナーがついたりします。
モデルのサイズが大きかったり形状が複雑だと、手作業でランナーを調整するのも限界があります。



実作業では、出してみてダメだったらアレコレ調整、を何度か繰り返すことになります。
出力角度の調整も、そのうちのひとつです。

以前、伊507やイリスヨナを作ったときは、ツルツルの断面に自動ランナーが上手くつかないため、ランナー接着用の突起をわざわざモデルの断面部に追加したりしました。
また、パーツ分割でもいろいろ苦労したので、一体型の震電はそこについては楽です。
(大きいものはプリントサイズに納めるために分割が必要。
複雑な形状のものは層で出力しようとすると支えるためのランナーを付けられず空中に浮いてしまうため、やはり分割が必要になってしまう。)
(できれば中空構造にすることでレジンを節約したい、というストレッチングゴールもある。)

ランナー接触面の設定、という悩みどころもあります。
これは小さいほど出力物をランナーから切り離すのが楽なのですが(プチプチと楽しい音で手でちぎれる)、支えが小さいということは印刷中に出力物が木になったりんごのように落ちて失われる可能性が増えます。




初期の出力結果は、プロペラ部分と後足がきちんと出力されませんでした。
どうやら細すぎて印刷中に千切れてしまったようです。
また、プロペラが千切れたことでボディの支えも失われて、機体後部が出力されないことが繰り返されました。

都度プロペラを太く修正しつつ、支えも太くなるよう設定を調整していき、だんだんと出力結果が良くなっていきます。
しかしプロペラ〜機体後部まわりがどうにも安定せず、苦労しました。

最終的に、UV照射時間を1sec->1.5secへ伸ばして硬度を上げることで、出力に成功しました。
(Photon Mono SEは基本的に、1層あたり照射時間1secで出力可能。)
小さいモデルの出力には照射時間を伸ばすのが有効のようです。
なお、出力時間は伸びますが、40min->50min程度でした。印刷中には台座の移動時間などもあるため、単純に1.5倍にはなりません。



続きの記事では切り込みラインによるディティール追加と、量産、ついでに色つけについて書く予定です。

 

 

Blenderの Apply Modifier ボタン/Apply All Modifierメニュー がなくなった( blender 2.93.5 )

 手元の2.93.5で、Blenderから"Apply Modifier"ボタンが無くなっていました。 同じく手元にある中では、2.90.1では存在しているので、最近(?)なくなったようです。 https://blender.stackexchange.com...