Ubuntu14.04がリリースされたのでVirtualBoxゲストにインストール

Ubuntu14.04が出たので、いつでも実験に使えるように仮想環境にインストールして、VitualBoxゲストを作っておくことにしました。
ついでに共有フォルダを設定して動作確認など。

virtualbox上のUbuntu14.04ゲスト
なお、ホストOSもUbutnu14.04なのですが、標準パッケージのOSS版VirtualBoxにいつものOracle Extensionを導入してUSB2.0を有効化して使用しています。

実機環境はすでに Ubuntu14.04のDaily Build を導入済みだったので、いつもどおりにアップデートすれば終了なので、あまりイベントっぽくはなりませんでした。
Ubuntu14.04の設定やセットアップもDaily Build導入時に、ひと通りやりましたし、その後に日本語入力もセットアップしました。



当然ながらインストールは問題なし。
Daily Buildではインストールの途中にUbuntuOneのアカウント設定があったのですが、正式リリースでは無くなっていました。
そういえばUbuntuOneはサービス終了することになったので、驚くようなことではありませんでした。

Ubuntu14.04ゲストから共有フォルダにアクセス

共有フォルダの設定方法はこれまでのUbuntuと同じ方法で良かったです。

仮想マシンゲストを起動して、タブの「デバイス」から「Guest AdditionのCDイメージを挿入」でゲストにゲスト拡張のインストールCDを挿入してインストールします。

ゲストOS内で、ゲストOS上のユーザを、VirtualBox共有フォルダのグループに追加。
 sudo gpasswd -a ユーザ名 vboxsf
その後、再ログイン。

TranscendケースでM.2 SSDドライブを作ってベンチマーク(MacBookPro環境用)

「WD 内蔵SSD 1TB WDS100T2B0B-EC 」と「Transcend USB3.1 M.2 SSD 外付けケース TS-CM80S」の組み合わせでを作ったので、ベンチマークをとっておきました。 購入検討の参考にしてください。 構成 ...