Ubuntu14.04 Daily Build 日本語入力 fcitx-mozcを導入

Tabキーで予測変換入力ができる快適さがたまりません。

mozcの予測変換


fcitx-mozcを導入しました。
リリースの情報は、いつもお世話になっている gihyo様の Ubuntu Weekly Recipe から。

Ubuntu14.04正式リリース前ですが、Ubuntu Japanese Term のTrustyリポジトリには、日本語入力が用意されています。

Ubuntu Japanese Term のリポジトリを有効化
sudo apt-add-repository ppa:japaneseteam/ppa

もちろん、まだUbuntu14.04はDaily Buildですし、Ubuntu Japaneseページには14.04版リポジトリへの公式な案内がないので、導入は自己責任で。

ここから、Ubuntu-jaのパッケージを有効にします。
(dist-upgradeはいらないかと思いますが、ついでに。)
sudo apt-get update && sudo apt-get dist-upgrade -y
sudo apt-get install ubuntu-defaults-ja

ここまででインプットメソッドがキーボードアイコンに変わりますが、まだanthyのままです。
当然ながらTabキーによる予測変換も使用できません。
(それどころかTabキーを押すと変換中の入力候補がフリーズする。)
fcitxセットアップヘルパでfcitx-mozcに切り替えます。

Alt+F2キーなどでUnity Dashを表示し、gihyo記事通りの「 セットアップ」や目標物の「fcitx」などと入力してセットアップヘルパを起動し、ログアウト、ログインするだけです。

いつもながらUbuntu Japanese Teamには感謝し足りません。

TranscendケースでM.2 SSDドライブを作ってベンチマーク(MacBookPro環境用)

「WD 内蔵SSD 1TB WDS100T2B0B-EC 」と「Transcend USB3.1 M.2 SSD 外付けケース TS-CM80S」の組み合わせでを作ったので、ベンチマークをとっておきました。 購入検討の参考にしてください。 構成 ...