electron12 でdialogを呼び出す(ContextBridge)

electron12対応へ、前回は

右クリックメニュー(ContextMenu)カスタム処理をmain-processへ移動した(electron 12対応) 

 まで。

 nodeIntegrationはともかくmoduleは将来廃止になるとのこと。

npmパッケージで逃げることもできるが、まとめて移行することに。

つまりいろいろなものをrender-processからmain-processへ移動することになり、ContextBridgeの導入を避けることができない。

 

 # electron11まで使えたdialog呼び出しコード

これまではrender-process側の適当なjsファイル内で完結する下記2行程度の記述で ダイアログを表示することができたのだが、ようはこれが使えなくなる。

 ``` js/mypage.js

const {dialog} = require("electron").remote;

dialog.showMessageBoxSync(null)

```

 

# contextIsolationを有効化

 エラーメッセージによると、ContextBridgeを使うには、contextIsolationを有効化しなければならない

(electron12からデフォルトでtrue)

# ページ上のjsでdialogは呼べない(renderer-process)

ContextBridgeでmain-processへ飛ばしてそこからrequest('electron').dialogを呼ばなければならない。

```

MN@daisy-bell:lina_dicto/$ git diff lina_dicto/js/index.js         }catch(err){
-               message_dialog('error', 'user preference error', "user preference load error:\n" + err.message);
+               window.myApi.message_dialog('error', 'user preference error', "user preference load error:\n" + err.message);
        }
 
 }, false)
```


 

# preload.js内でdialogは呼べない

最初はpreload.js内でdialogを呼ぼうとしたのだが、なぜかrequire('electron')からcontextBridge, ipcRendererのようにdialogを取り出すことができない。

(preload.js内でcontextBridge, ipcRenderer以外が使えないということかもしれない。

後のContextBridgeのサンプルコードなども、見る限りpreload.js自体はrender-process側ということのように見えるし。)

 

# ContextBridgeでdialogを呼び出す

 


 

諸々の非同期を経由で呼び出しているが、 dialog.showMessageBoxSync()はウィンドウを渡せばウィンドウはモーダルに動作する(意図どおりブロックする)ように見える。

(まあとりあえずエラー通知にしか使ってないのでそこはどちらでもよしとする。 )

ページ上のjs -> preload.js上のcontextBridge -> main-processのjs と飛ばす。


 ``` js/index.js (renderer-process)

 window.myApi.message_dialog('error', 'HELLO', 'hello!');

 ```

```preload.js

 const { contextBridge, ipcRenderer, } = require("electron");
contextBridge.exposeInMainWorld(
    "myApi", {

        message_dialog: (strtype, strtitle, strmessage) => {

            ipcRenderer.invoke('tomain-message-dialog', strtype, strtitle, strmessage);

```

``` index.js(main-process)

const { ipcMain } = require('electron');
ipcMain.handle('tomain-message-dialog', async (event, strtype, strtitle, strmessage) => {
    const { dialog } = require('electron');
    dialog.showMessageBoxSync(

            // win, // ここmain-processで生成したwindowを指定できる
            {
                type: strtype,
                buttons: ['OK'],
                title: strtitle,
                message: strmessage,
            });
});
```

 

TODO: 確認ダイアログを出してOK,NGを同期で返す。

(現行の互換動作。あるいはこれは諦めてもいい。今は不要なので)

TODO: ファイル読み出し結果を戻す

 TODO: ところでcontextIsolationが有効な時に nodeIntegration: trueが 無効になってない?

 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿

electron12 でdialogを呼び出す(ContextBridge)

electron12対応へ、前回は 右クリックメニュー(ContextMenu)カスタム処理をmain-processへ移動した(electron 12対応)   まで。  nodeIntegrationはともかくmoduleは将来廃止になるとのこと。 npmパッケージで逃げるこ...