ApplicationMenuカスタム処理をmain-processへ移動した(electron 12対応)

ApplicationMenu(画面上部のメニューバー)カスタム処理をmain-processへ移動した。

electron 12へ移行するための対応の一部。

(移行作業としてはelectron11で移行作業をしてから12にアップデートするつもり)。


``` エラーメッセージ

 Uncaught ReferenceError: require is not defined
    at menu.js:3

```

```menu.js:3

const remote = require('electron').remote;

```

 


 

だが根本的にはMenuはmein-processでいじるものになっていた模様。

electron-api-demos ではそうしている。

```electron-api-demos main.js

function loadDemos () {
  const files = glob.sync(path.join(__dirname, 'main-process/**/*.js'))
  files.forEach((file) => { require(file) })
}

``` 

ただしこの時点でelectron-api-demosはelectron9を使っていた。

(いろいろ言いたいことはあるが略)


Before:

``` index.html

<script type="text/javascript" src="./js/menu.js"></script>

```

After:

```

 require(path.join(__dirname, 'js/menu.js'))

```

これだけでもMenuカスタムが動作するようになってしまう。

ようは`  Menu.setApplicationMenu()`を呼んでしまえばOKのようだが、electron-api-demosではコールバックに仕込むことをオススメしている模様。

```

app.on('ready', () => {
  const menu = Menu.buildFromTemplate(template) // テンプレートを変数に格納
  Menu.setApplicationMenu(menu)
})

```


これをすることで、Menuカスタムは動作するし、Quit(App.quit()呼び出し)などは動作するが、Rendererに持たせたmoduleを呼び出す機能は動作しない。

 

そちらは後でpreload.js, ipcRendererなどを使う方式へ移行するとして、とりあえず次は右クリックのContextMenu。

0 件のコメント:

コメントを投稿

3DプリンタをPhoton Mono SEに買い替えました

3DプリンタにPhoton-Sを使っていたのですが、Photon Mono SEに買い替えました。 印刷速度が上がっているという話で気になっており、価格が6万円とのことで更新を後回しにしていたのですが、印刷したいものが出来たのと、セールで値下げされてタイミングが良かったため購...