3Dプリンタを買いました(ANYCUBIC PHOTON)

3Dプリンタを使おうと思って、ANYCUBIC PHOTONを買いました。(Sやzeroじゃない安いやつです。)光学式です。
3万円で買えます。3Dプリンタ本体が安く買える、良い時代になりました。



今はBlenderで描いているフィギュアのテスト出力に使っています。あとは、文ッ字フリマで出す製品にも使う予定。


以下、開封写真。




箱に入っている付属品一式です。

手袋とマスク(一応程度)もついています。


下面にファン。




容器内部もクッションが充填されています。



内部クッションの中に印刷土台(宙に浮く方)が埋まっています。

レジンバットです。あらかじめフィルムが貼られていて、そのまま使い始められます。





マスクは後でもっとちゃんとしたものを買いました。


ところで3Dプリンタはレジン毎に性質が異なるためパラメタ(露光時間)の調整が必要で、Photonの先達の方々はテスト出力をいろいろ工夫したりしていたそうなのですが、私が買ったPhotonには、USBの中にサンプルデータ他の諸々と一緒に、露光時間をテストするための特別なテスト出力データが入っていました。

また本体も、先達は外から光が入らないように工夫していたそうなのですが(写真を見ると外板が透明)、今はいちおう不透明な外板がはめられています。



3Dプリンタは1000万とか100万円スタートだったものが、今はPhotonのようにやすければ
3万円台スタートと大変安くなりました。
とはいえ本体だけで始められるわけではなくて、いろいろ 購入する必要があります。主に周辺の消耗品と、レジンです。



0 件のコメント:

コメントを投稿

spectronの新しい記法 (WebdriverIO v5対応その2)

electron9~10あたりで、UIテストツールであるspectronのバックエンドのwebdriverioが、v4から v5に更新されました。 呼び出しが非同期に変化して、これまでのメソッドチェーンを使う記法が動作しなくなったため、テストの全面書き直しが必要となります。 we...