一冊200円のフォトブックで書体見本誌を刷ってみた


フォトブックが一冊200円から印刷できるサービスがあります。
これにRuneAMNの書体見本誌を画像にしたものを写真の代わりに流し込めば、書体見本誌が安く印刷できるのではと踏んだ次第。






印刷会社はこちら。
https://netprint.co.jp/photobook/

# 変換

最初はimagemagickのconvertコマンドで一括書き出しを試してみたのですが、
`convert -alpha Remove -density 100 -quality 90 -colorspace rgb book_of_RuneAMN_Pro_Fonts.pdf book.jpg`
フォントのラスタライズに横線のスレが出てしまい、仕方なくGimpで手作業しました。


GimpでのPDFインポートの際に、dpiを大きめに取ると、ピクセル数の大きいjpg画像が得られます。
A5印刷を前提に作った現行なので、印刷会社の文庫サイズに近づけようとすると、推奨とサイズが微妙に違いますが、少し超えるピクセル数にしておけば、良いように縮小してくれるだろうということで。
一枚ずつエクスポートはつらすぎるので、下記プラグインで一括書き出ししています。
https://github.com/khalim19/gimp-plugin-export-layers


# フォトブック編集

>フラッシュプラグインが必要とか出てきて作れない!
flashが必要とのことなので入れたのですが、編集アプリが実用にならず。
`sudo apt-get install flashplugin-installer`

最終的に、スマホで
https://netprint.co.jp/app
を使いました。

フォトブックはページ数固定なので、それに合わせる必要があります。
ページ分割(4枚で1ページなど)が使えるようなので

見本誌のページ割当メモ:
24pとあるが、一枚が表紙で、表紙+1~22 (裏表紙はなし)画像31枚中 書体 21枚 + freeedntionまとめ一枚
Free 6枚

 1:割当表
2~5: 4ページ分のFree版
  Free版表紙
  Free版集合
  Serif
  PixelArtic(片方のみ )
6: Pro版表紙
7~21: Pro版書体 15枚
22:奥付

# 注文 

というわけで、注文はスマホアプリからできます。

# 刷り上がったもの

ページの重ね合わせ位置のずれが気になりますが、そういうものだと思うので、概ね満足です。
できれば次は光沢で刷りたい。

















seleniumテストの失敗、デバッグと引数と解決

seleniumテストが失敗する問題のデバッグと解決 ==== # TL;DR 関数名のtypoを修正すると、それまで通っていたテストが落ちる。 原因は、テストシステムが生成して渡した不正な引数による異常系終了だった。 対処として、テストケース実行を汚い実装で検出して特別に処理す...