投稿

2017の投稿を表示しています

エスペラント辞書アプリをElectronで作って公開しました

イメージ
エスペラント辞書アプリをElectronで作成し、リリースしました。
エスペラントto日本語の単語変換をします。とりあえずエスペラントの単語を引くことができます。
名前はlina_dictoです。
https://github.com/MichinariNukazawa/lina_dicto

なおエスペラント辞書データですが、すばらしい辞書データ が公開されており、これを使っています。
感謝。


ダウンロードはこちら。
https://github.com/MichinariNukazawa/lina_dicto/releases


本記事では辞書アプリ固有の話はしません。なぜなら今は2017年であり、辞書データをすべてメモリに置き、かつ動的言語を使って辞書データを頭から尻尾まで舐めるという超富豪コーディングをしても、ユーザ体験をまったく損ねず遅延もまったく体感しない辞書アプリケーションが作れるからです。IntelとJavaScriptエンジンのエンジニアには足を向けて寝られません。データサイズが小さかったのもあるかな。

事前に検索インデクスくらいは作る必要があるだろうと想像していたので、正直、拍子抜けの気持ちが無いといえば嘘になります。

# エスペラント固有の話 先にエスペラント固有の話をします。固有の話は2つあります。

## 語根分かち書き 語根とは、語尾の変化による現在形への変換などをされる前の単語です。詳しくはWikipedia。
特にエスペラントは、語根を組み合わせて単語を作ることで、話者の記憶リソースへの負担を軽減する設計になっています。エスペラントは語根がはっきり定義されており、なぜなら人工言語であり、そういう設計だからなのですが、単語が複数の語根から成る場合がかなりあります。詳しくはWikって略すな。
今回使用した辞書データには、単語が語根分かち書き形式で収録されています。この分割部データもいずれは有効に使いたい所存ですが、検索時は、普通のユーザがタイプするであろう分かち書きされていない単語文字列と、分かち書き済み単語データをマッチングしなければなりません。
なので、分かち書きは単純に取り除きます。
上で、動的言語で文字列のマッチング・ループなんて...って書いてありますが、実際にはもっとひどいことをしています。具体的には、分かち書き状態の単語文字列…

vecterion_vge 17.07 release works

イメージ
GladeとGtkバージョン gladeによるポトペタなGUI作成を導入したのですが、これにWindows版公式ビルド最新版より新しいバージョンのGTKが必要とのこと。

===
 debug: et_etaion_set_application_base_dir_from_execute_path()[126]: dir:'..'
critical: init_gtk_builder_()[2740]: Couldn't load document_new_dialog_builder file: ./resource/ui/document_new_dialog.glade: required gtk+ version 3.12, current version is 3.10
===


ビルド済みGTKライブラリの取得 officialの最新版は 3.10.4-20131202 までしか提供されていないので、unofficialなバイナリを使用することに。
使い勝手の問題からofficialに近いパッケージを探して、https://twitter.com/niloufarjp/ 氏の配布してくださっている配布パッケージを、下記スクリプトで全解凍&フォルダ統合済みに再パッケージ。
https://github.com/MichinariNukazawa/vecterion_vge/blob/master/deploy/win/gtk_library/gtk_library_repackage.sh

loaders.cache, libpixbufloader-svg.dll libpixbufloader-svg.dll を使うにあたって loaders.cache が無いから gdk-pixbuf-query-loaders.exeを呼び出して作れ、と親切なエラーメッセージなのでそれに従いファイルを作成。
===
(vecterion_vge.exe:8124): GdkPixbuf-WARNING **: Cannot open pixbuf loader module file 'C:\Users\nuka\Documents\vecterion_vge-win64-17.07develop-11c2ada\lib\gdk-p…

Centaring GtkScrolledWindow

イメージ
GtkScrolledWindowのスクロール位置をアプリケーション側から変更して中央寄せするコードです。



===
 static void et_scrolled_window_centering_(GtkScrolledWindow *scrolled_window)
{
    {
        GtkAdjustment *vadj = gtk_scrolled_window_get_vadjustment (scrolled_window);
        double v = (gtk_adjustment_get_upper(vadj) - gtk_adjustment_get_page_size(vadj)) / 2.0;
        gtk_adjustment_set_value (vadj, v);
    }

    {
        GtkAdjustment *hadj = gtk_scrolled_window_get_hadjustment (scrolled_window);
        double h = (gtk_adjustment_get_upper(hadj) - gtk_adjustment_get_page_size(hadj)) / 2.0;
        gtk_adjustment_set_value (hadj, h);
    }
}
===

問題はこのスクロール位置指定の実行タイミングで、スクロール位置を変更するにはScrolledWindowの中でスクロールされる内側Widgetが再描画済みでサイズが確定していなければならないのですが、Widgetコールバックの設計によっては、スクロール位置の変更コードを呼び出すタイミングがその内側Widgetの再描画コールバック("draw"イベント)内しかない場合があって。
仕方がないので最初の再描画コールバック内でフラグをカウントアップして"draw"イベントを再度コールするようにしたのですが、作成中のアプリケーションはそうしなくても都合により外部からすぐ再描画コールバックが呼ばれるので、これで本当に正しいのか正直不明です。

===


static gboolean _cb_expose_event (GtkWidget *widget…

Install Android Studio 2.3.1 to Ubuntu16.04LTS

イメージ
今回特に、エラーメッセージをメモしていないので、これは記憶で書いているメモです。







基本的には公式サイトに書いてある手順でOKです。