node12がインストールできない場合 (Ubuntuでnode10がインストールされてしまう)

Ubuntu20.04でnodejsのAPTリポジトリを 設定済みで、リポジトリを 12.xに変更してnode12にしようとしてもなぜかnode10がインストールされる。




まず基本手順は、リポジトリ書き換えでバージョン指定。数字のところを書き換えるだけ。

sudo vim /etc/apt/sources.list.d/nodesource.list

```

deb https://deb.nodesource.com/node_12.x focal main
deb-src https://deb.nodesource.com/node_12.x focal main
```

` sudo apt update` を忘れない。

このあとnodejsの削除・インストールで再インストールを行うと、なぜかnode10がインストールされる。


```

MN@daisy-bell:vscode/$ apt list --upgradable -a
一覧表示... 完了
nodejs/不明 12.19.0-deb-1nodesource1 amd64 [10.19.0~dfsg-3ubuntu1 からアップグレード可]
nodejs/focal,now 10.19.0~dfsg-3ubuntu1 amd64 [インストール済み、12.19.0-deb-1nodesource1 にアップグレード可]

```

 

一覧によるとsudo apt upgrade で更新されるらしいのだが、実際にやってみると壊れた依存関係で失敗する。

`sudo apt remove nodejs-legacy` だけしてもやはり失敗する。

 

```

MN@daisy-bell:vscode/$ sudo apt upgrade nodejs
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています                
状態情報を読み取っています... 完了
アップグレードパッケージを検出しています... 完了
インストールすることができないパッケージがありました。おそらく、あり得
ない状況を要求したか、(不安定版ディストリビューションを使用しているの
であれば) 必要なパッケージがまだ作成されていなかったり Incoming から移
動されていないことが考えられます。
以下の情報がこの問題を解決するために役立つかもしれません:

以下のパッケージには満たせない依存関係があります:
 libnode64 : 競合: nodejs-legacy
E: 壊れたパッケージ

```
 

 nodejsを一旦削除し、残ったlibnode64 をautoremove で削除して解決。

 

```

MN@daisy-bell:vscode/$ sudo apt remove nodejs
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています                
状態情報を読み取っています... 完了
以下のパッケージが自動でインストールされましたが、もう必要とされていません:
  libc-ares2 libnode64 nodejs-doc
これを削除するには 'sudo apt autoremove' を利用してください。
以下のパッケージは「削除」されます:
  nodejs
アップグレード: 0 個、新規インストール: 0 個、削除: 1 個、保留: 0 個。
この操作後に 158 kB のディスク容量が解放されます。
続行しますか? [Y/n] y
(データベースを読み込んでいます ... 現在 245429 個のファイルとディレクトリがイン
ストールされています。)
nodejs (10.19.0~dfsg-3ubuntu1) を削除しています ...
man-db (2.9.1-1) のトリガを処理しています ...
MN@daisy-bell:vscode/$ sudo apt autoremove
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています                
状態情報を読み取っています... 完了
以下のパッケージは「削除」されます:
  libc-ares2 libnode64 nodejs-doc
アップグレード: 0 個、新規インストール: 0 個、削除: 3 個、保留: 0 個。
この操作後に 30.5 MB のディスク容量が解放されます。
続行しますか? [Y/n] y
(データベースを読み込んでいます ... 現在 245419 個のファイルとディレクトリがイン
ストールされています。)
libnode64:amd64 (10.19.0~dfsg-3ubuntu1) を削除しています ...
libc-ares2:amd64 (1.15.0-1build1) を削除しています ...
nodejs-doc (10.19.0~dfsg-3ubuntu1) を削除しています ...
libc-bin (2.31-0ubuntu9.1) のトリガを処理しています ...

```

以上です

 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿

spectronの新しい記法 (WebdriverIO v5対応その2)

electron9~10あたりで、UIテストツールであるspectronのバックエンドのwebdriverioが、v4から v5に更新されました。 呼び出しが非同期に変化して、これまでのメソッドチェーンを使う記法が動作しなくなったため、テストの全面書き直しが必要となります。 we...