cross_gtk3_for_win64_in_ubuntu

特に書くことはないですが、リポジトリに上げておきました。

gtk3アプリケーションを、Linux(Ubuntu)上でクロスビルドして、ターゲットのWindows(64bit)のバイナリを生成します。
また、gtk3アプリケーションが動作するよう、gtk3のライブラリを含めてzipにパッケージします。
https://github.com/MichinariNukazawa/cross_gtk3_for_win64_in_ubuntu


詳しい手順はリポジトリを参照してください。

TIPS:
* gtk3のWindowsアプリケーションは -mwidows を指定しないとコマンドラインが立ち上がってきます。
* mingwは、今(Ubuntu16.04)は、 mingw-w64 になっています。
* 日本語ファイルを含める場合は、日本語エンコーディングでzipしなければなりません。
(今回は必要ないのでしていません。)
* 公式のコンパイル済みgtk3ライブラリを使っていますが、いかんせんバージョンが古いのもあってか、ターミナルを見るとけっこうエラーメッセージを吐いています。それでも動くから、今回はそのまま。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿

electron12 でdialogを呼び出す(ContextBridge)

electron12対応へ、前回は 右クリックメニュー(ContextMenu)カスタム処理をmain-processへ移動した(electron 12対応)   まで。  nodeIntegrationはともかくmoduleは将来廃止になるとのこと。 npmパッケージで逃げるこ...