技術書典5「クロス本」売り上げ報告ほか

この記事は技術同人誌 その2 Advent Calendar 2018 Advent Calendar 2018 の17日の記事です。




以上、売り上げ報告でした。
以下雑文。



本書、タイトルが長いので「クロス本」と呼んでます。以下ではそう書きます。
...本当は、クロス本執筆の動機を説明するのにちょうどよいため本文から「はじめに」章を転載しようと考えていたのですが、もしかすると参加アドベントカレンダーのレーティングに抵触する可能性が。わたしはGTK大好きです本当なんです。でなきゃアプリ開発に2年も投入しないし本も書かない。信じて。
そんな殺伐ポエム4Pを含むけれど他のページは本当に実用的な知見の塊「クロス本」は、電子書籍版をPixiv/BOOTHgubloadで買えます。






以下、気持ち。




だいたいの時系列。
- 参加を決めたのはサークル募集が始まってから。
- 何か新しい開発をする+それを書く、はつらい。既にやったことを書くほうが執筆時コストが少なく文章へ割けるリソースが増える。(思い出すというコスト、思い出せないというリスクは有る。)




- 内容は早くに時系列エッセイからTIPS集へ。そのほうが前後関係という依存関係が減り章がモジュール化されるため、書くのが楽になる。
- 原稿はMarkdownで書いてpandocベースの自作コンバータでPDF化。







- 入稿が初めてで一番安い締め切りは逃した。
- 日本語リンタは今回のクロス本の執筆には役立たなかった。
- 知り合いに原稿データを配って試し読みしてもらった。感謝。
- Web上での試し読み募集には応募がなかった。自分は別の方の本のレビューに参加させていただいた。
- チェック数と売上データのグラフを作っている方がいて、とても参考になったので自分もチェック数と売り上げを公開した。





こんなこともしていました。あまり反響無かったですが。



敵に囲まれておる、と思った。



- 確かサークル一覧公開から5日後くらいに、「この時期のブックマーク数の3倍の冊数が売れます」って言っている人がいたが、自分の場合は実際にそうなった。
- 売り子の約束をしていた友人が所要で1ヶ月前に自分1人で参加することになった。
- 別の知人が買い物ついでにお昼頃の店番をしてくれることになったので、買い物はその間にさせてもらった。

初めての技術同人誌、そして物理書籍の物理物販は、自分にとって大きな挑戦の機会でした。
またリリースされたクロス本は、今年の主要で輝かしい「進捗」となりました。

ことのはアムリラートには感謝してます。

今年は主要な進捗としてクロス本の他に、「daisy-cell-block-editor」をリリースしたいと考えています。
クロスプラットフォーム・デスクトップ・アプリケーションを扱ったクロス本に登場したクロスプラットフォームUMLシーケンス図エディタdaisy-sequenceの姉妹アプリケーションです。当然クロスプラットフォーム。


ご期待下さい。

技術書典5「クロス本」売り上げ報告ほか

この記事は 技術同人誌 その2 Advent Calendar 2018 Advent Calendar 2018 の17日の記事です。 #技術書典 daisy bell #技術書典5 | 一般 当落状況:当選(き08) 16:00 時点で、事実上の完売というこ...