Centaring GtkScrolledWindow

GtkScrolledWindowのスクロール位置をアプリケーション側から変更して中央寄せするコードです。



===
 static void et_scrolled_window_centering_(GtkScrolledWindow *scrolled_window)
{
    {
        GtkAdjustment *vadj = gtk_scrolled_window_get_vadjustment (scrolled_window);
        double v = (gtk_adjustment_get_upper(vadj) - gtk_adjustment_get_page_size(vadj)) / 2.0;
        gtk_adjustment_set_value (vadj, v);
    }

    {
        GtkAdjustment *hadj = gtk_scrolled_window_get_hadjustment (scrolled_window);
        double h = (gtk_adjustment_get_upper(hadj) - gtk_adjustment_get_page_size(hadj)) / 2.0;
        gtk_adjustment_set_value (hadj, h);
    }
}

===

問題はこのスクロール位置指定の実行タイミングで、スクロール位置を変更するにはScrolledWindowの中でスクロールされる内側Widgetが再描画済みでサイズが確定していなければならないのですが、Widgetコールバックの設計によっては、スクロール位置の変更コードを呼び出すタイミングがその内側Widgetの再描画コールバック("draw"イベント)内しかない場合があって。
仕方がないので最初の再描画コールバック内でフラグをカウントアップして"draw"イベントを再度コールするようにしたのですが、作成中のアプリケーションはそうしなくても都合により外部からすぐ再描画コールバックが呼ばれるので、これで本当に正しいのか正直不明です。

===

 
static gboolean _cb_expose_event (GtkWidget *widget, cairo_t *cr, gpointer data)
{

(中略)

        switch(self->centering_control){
            case 0:
                self->centering_control++;
                // kick to re draw event, because only need centering.
                gtk_widget_queue_draw(self->canvas);
                break;
            case 1:
                self->centering_control++;
                debug_print_adjustment_(self);
                et_scrolled_window_centering_(GTK_SCROLLED_WINDOW(self->scroll));
                break;
            default:
                break;
        }
    }


    return FALSE;
}

===

以上です。

このブログの人気の投稿

Ubuntu13.04で使える動画編集ソフト一覧

squid3プロキシサーバの設定(Ubuntu13.10)

ubuntu13.04で無線LANが繋がらない場合の対処