BLADE v7 liteについて(スマホ買いました)

BLADE v7 liteを買って、半年使ったので、本日レビューを書き散らします。
半分くらいAndroid6.0レビューみたいになるかも。
 
NTT-Xで2万円弱で買った。

BLADE v7 Liteと付属物

BLADE v7 Liteを選んだ理由は、Android6.0が使える端末で他に手頃なものが無かったから。
同価格のASUSのZenPhoneのほうがCPUが少し良いので、そちらでも良いかと思った。ノートPCはASUSなので揃えてみたかったし。
だが最終的に、ZenPhoneにはGPSに問題があるという話と、やはりAndroid5.xではなく6.0にしたいということでBLADE v7 liteにした。


開いてすぐBLADE v7 lite端末


多言語でオモテウラ有りのペライチ、マニュアルはこれっきり。


この端末、届いてから3週間近くSIMを待っていた。SIM契約のアテが外れたから。
初期設定でSIM設定をスキップすると、後が面倒そうだったので、WiFi運用などもせずバッグに放り込んでいた。この間ほぼ無充電だったが、2週間くらい放っておいてもBLADE v7 liteは普通に起動した。電波を掴んでいなかったからかもしれないが。

鎮座するBLADE v7 lite


途中で一度、Y!MobileのSIMが差し込まれた。
(店頭での動作確認。きちんとブラウザでWebサイトが見れることを確認した。通話は未確認)
Y!Mobileはパケット繰越しないと言われたためSIMを買わなかった。
UQMobileのSIMは試していない。店頭で契約しようとしたら、店員に「未対応端末では壊れるかもしれないからやめたほうがいいです」と静止されたから。これについては感謝している。次があればまたUQMobileを検討しよう、と思ったくらい。

閑話休題。

その後、MineoのSIMを契約して家で刺して、動いた。
Mineoの設定はあらかじめ登録されている。ユーザ名とパスワードも共通のものだったようで、デフォルトのままで動いた。SIMのMNP切替中に、何度か"モバイルデータの有効化"だったかを無駄にON/OFFしていたが、ともかく1時間も置いておいたらインターネットも通話もできるようになった。

なお、microSDは、秋葉原で1000円程度で買った32GBのTOSHIBA製を新規購入して入れた。

前の端末は3.5年前のAndroid4.2端末だった。電池がヘタっていたのと、ブラウザ(chromeその他問わず)が3タブほど開くと、タブ切り替えの度にページ再読み込みするのが不満だった。

BLADE v7 liteにして、ブラウザ再読み込みはかなり減った。chromeは前の端末でも最新版だったと思うし、CPU/memoryも前の端末とあまり違わないので、Android6.0の性能なのだろうと思う。

chromeの表示が豆腐になる問題も、システムアップデートを実行したら消えた。システムアップデートのサイズは忘れてしまったが、500MBも無かったと思う。

買ったばかりの端末だからか、電池の減りも少ない。前の端末は、行きにブラウザを開きつつ音楽を聞いていただけでも、会社で充電しないと帰宅中に電池切れでシャットダウンしていた。BLADE v7 liteにしてからはそれがない。試していないが、1日充電しなくても持つと思う。

以下、気にしていなかったのだけれど、新端末になってよかった点がふたつ。

前の端末ではほとんど読んでいなかった『通知』をよく見るようになった。前の端末で通知は不要なものが入り混じって読みづらかったし、整理する方法もわからなかった。今はSMSもGMailもSkypeメッセージも通知から知るし、ダブルクリックで飛んで読む。
前の端末は通知と思わしきLEDが常に点滅していて、未読のためか消えずに不愉快ですらあった。今はそういうことはない。新端末のLEDが光るとき、その色が何を示すのかは未だに知らないままだが。特に困ってはいない。

標準キーボードがよくなっていた。Simejiなどは入れたことがない。誤入力を起こさない工夫か
フリックなどの入力で指を動かす距離が少し増えたと思う。私が買ったBLADE v7 liteを触った友達も同じことを言っていたので、感覚としては間違いないと思う。
唯一残念なのは、Qwertyキーボードで日本語が打てないこと。これは設定変更でできるようになるのか、後で調べるつもり。今はチャットなどはQwertyキーボードでアルファベットだけ入力し、エセ英語で返事している。元から携帯であまり文字入力しないし。

テザリングの手間は変わっていない。あまり使われない機能なのだろう。あるいは、UIの位置を浅くすると、誤認識でテザリングが起動しそうとかあるのだろうか。
テザリングON/OFFボタンのアプリを探そうかとも思った。が、一部にAndroid6.0対応できているアプリがあるようなので、もう少し経って、必要になってからその時に探そうかと思う。

Android6.0からアプリケーションの権限が詳細に設定できるようになったが、こちらの恩恵はまだ受けていない。一部のアプリで細かく聞かれるようになっただけとも言える。現在はとりあえず、LINEに連絡先を読ませる許可を与えていない。はず。

BLADE v7 liteに付属するメールアプリケーションに登録アカウントを解除できない問題があるとのことだが、使っていない。GmailなのでGmailのアプリケーションを使っている。Mineoのメールアドレスは使っていないし、スマホに紐付けしているメインのメールアドレス以外は、すべてPCで扱うので。

この前実家に帰った際に歩きまわったが、ZenPhoneは知らないが、BLADE v7 liteはGPSは問題なかったと思う。
ポケモンGOはダウンロードして少しだけ動かしたが、まだ最初のポケモンをゲットしていないので動作確認としてはよくわからない。少し歩くとピカチュウ出るって本当ですか。


この1週間くらい、運用してきたレビューとしては以上の通り。

気になった現象は以下。

このレビューを書いている今日、帰りに音楽プレイヤーの音楽が止まった。
(再生表示のまま。再度再生すると続きが鳴った)
また、今日はじめて、Skypeクライアントがタップに反応しなくなったことが気になる。

音楽プレイヤーはアプリケーション側の問題かもしれないので、後でプレイヤーを変えてみる。Skypeクライアントの問題は、剥がれかけの保護フィルムのせいかもしれない。

保護フィルムは、買った時のものをまだ剥がしていないだけ。操作はできるが、剥がす前提なので一週間と持たず剥げてくる。
昨日、ヨドバシ.comでBLADE v7 lite専用の保護フィルムを注文したので、明日あたり届くと思う。

マイナAndroid端末は、保護フィルムもすぐに在庫されなくなるはず。前の端末もそうだった。といっても、前の端末と同じように、後半はフィルム無しで運用するつもりでいる。

安いAndroid端末の気楽さは、iPhoneなどと違って、壊れたらすぐに新しい端末に買い換えてしまえることだと思う。画面の割れたiPhoneを使い続けるよりは良いと思っている。
ケースには入れないつもり。保護する必要はないし、厚くしたくない。
ギリギリポケットに入るサイズなので、ポケットに入れて運用するつもり。
Android、特にマイナなAndroid端末は、ケースも汎用品などで限られてくる。iPhoneのようにたくさん有るケースを選びたい向きには向かない。



というわけで、今のところ BLADE v7 lite を気に入っている。
思えば、これまで携帯は仕方なく嫌々で買っていた。携帯電話を積極的に自分で選んだのは初めてである気がする。

このブログの人気の投稿

GIMP2.8でイラストにペン入れを行う

squid3プロキシサーバの設定(Ubuntu13.10)

ubuntu13.04で無線LANが繋がらない場合の対処