投稿

9月, 2014の投稿を表示しています

BirdFontをビルド(Ubuntu14.04)

イメージ
フォント作成アプリケーションのBirdFontをビルドしてみた。

といっても、特に面倒な手順はなかった。


ビルドして試そうと思ったのは、LibreGraphicsWorldで紹介されていたため。

 git clone https://git.gitorious.org/birdfont/birdfont.git
 cd birdfont/
 ./configure


までは公式サイトに記載された手順の通りに。


そして、指示される通りに必須パッケージを導入していく。

 sudo apt-get install valac
 sudo apt-get install libgtk-3-dev 
 sudo apt-get install libwebkitgtk-3.0-dev 
 sudo apt-get install libnotify-dev 
 sudo apt-get install libgee-dev 

ビルド手順にある「doit」って何のことだろうと思ったら、なんのことはないpython製のビルドツールらしい。
sudo apt-get install python-doit 
doit





そしてdoitでビルドをかけると、libgit2が足りないと言われる。git連携機能があるのだろうか。
 sudo apt-get install libgit2-dev
 doit

BirdFontの様子見がしたかっただけなので、管理者権限を使ってインストールするほどでもないと判断。
インストールせずに直接起動。
必要なライブラリパスなどを、添付されたスクリプトが適切に設定してくれる。
 ./birdfont.sh


本家には「翻訳はパッチが云々」と書いてあったのだけれど、面倒ばかりが予想されるのでパス。
(中途半端に翻訳パッチを当てると表示が崩れたり、ビルドが上手く行かなかったり。出たてのアプリだと、使い方を海外の情報から探すのに機能名で検索できないなど)


しかしデフォルトで翻訳ファイルが入っていたようで、(中途半端に)翻訳された状態になっている。
Googleを駆使してBirdFontを使う方は
LANG=C ./birdfont.sh
して翻訳されていない状態で使うのが良いかと。


使い勝手のレビューは機会があれば。
FontForgeよりエディタ(ドローツール)部分が良ければ、…

オル・チキ文字のフリーフォントを公開しました(イラストandデザイン向け)

イメージ
イラスト・デザイン用途に自由に使うことができます。


ダウンロードはGithubのOlChikiAssignMNプロジェクトページから。
あるいは、Boothアカウントのある方は、Pixiv Boothに出展予定ですのでそちらから。

本フォントにオル・チキ文字とラテン・アルファベットの対応関係は、オル・チキ文字のUnicode表に割り当てられた文字の名称を元にした、オリジナルです。






 GithubのOlChikiAssignMNプロジェクトページには、本フォントの元画像ファイルと、ビルドスクリプトがすべて公開されています。
自分でOlCikiAssignMNフォントのビルドを試したり、オリジナルフォントを作成するのに使うこともできます。
( SVG画像の分割スクリプトは、今回のOlChiki文字フォントを作成するためだけの改造を施されており、汚い方法でSVG分割を行っているため、画像によっては成功しない場合があるのですが。)




次は、姉妹版のルーン文字フォントに、新しいバリエーションを追加しようと計画しており、現在鋭意作業中です。