食器乾燥機YD-180を乾燥ブースとして購入しました。

食器乾燥機としてのレビューができないことに、大変複雑な感情を禁じえません。

石粉粘土を乾燥させるために、YD-180を購入しました。
一部の方々にはその方面で絶賛されているそうで、わたしも師匠にオススメしていただき購入しました。

とりあえず現在の評価はAmazonで直接確認してください。
あと価格.comでもレビューされています。


YD-180(LH) 食器乾燥機




とにかく大きいです。箱から出した時、「やっぱりオーブントースターにしておけばよかったかなぁ」と早速後悔したくらいです。
とはいえ、「急加熱すると石粉粘土の表面がざらつく」と言われましたし、石粉粘土を乾燥させる能力は高く評価されています。複数のパーツを余裕を持って配置できると考えればありがたいです。

サイズ比較用画像(ただしノート直立では入らない)


内部の突起はこのようになっている
「最初に異臭がする」旨の注意書き
(本当は折れていません)












「最初に異臭がする」というレビューがあったのですが、製造者側もどうやら織り込み済みのようで、箱から出した時点で商品に注意書きが貼ってあり、「最初に加熱すれば2回目からは異臭はしません」と書いてあります。(最初に一度捨ててしまったので、写真では折れています)

YD-180(LH)付属の発泡スチロール




付属の四角い発泡スチロールが大きいです。袋に入っていて「何かに使ってくれ」と言わんばかりです。
緩衝材なのでしょうが。
(必ずついているというわけではないと思いますが、これをおすすめしてくださった師匠が1年前に買った時も入っていたらしい。)







「このまま使うとパーツが落ちるので網をひくとよい」とのアドバイスをいただいたので、明日100円ショップで網を探します。

早朝か週末あたりに、最初の加熱をして異臭を飛ばそうと思います。
使用感レビューはまたいずれ(予定)。


このブログの人気の投稿

GIMP2.8でイラストにペン入れを行う

squid3プロキシサーバの設定(Ubuntu13.10)

Ubuntu13.04で使える動画編集ソフト一覧